無料期間は7月29日まで!仕方なく「Windows 10」に無償アップグレードしました

いつ頃からだったか、Windowsパソコンを使っていると、頻繁に「Windows 10」への無償アップグレードの案内メッセージが表示されるようになり、それがとても鬱陶しくて通知をオフにしていました。

ただ、無料でアップグレードできるのは7月29日までということで、いよいよ諦めてアップグレードすることにしました。(無料期間が過ぎると、製品版を購入することになります。)

windows 10

私は「Never10」というアプリを使って、アップグレード通知をオフにしていたので、もう一度このアプリを起動して、制限を解除(通知をオンに)しました。

しばらく経てば、また通知が出てくるんだと思いますが、私はすぐにアップグレードしたかったので、タスクトレイのアイコンをクリックして、上のウィンドウを出して「今すぐアップグレード」ボタンをクリックしました。

windows 10

必要なファイルがダウンロードされるまで、しばらく待ちます。

ちなみに、今回は「Windows 7 Professional」のパソコンを「Windows 10」にアップグレードしています。

windows 10

私は、仕事環境としてはMacを使っていて、Windowsパソコンは動作確認のために使うくらいなので、万一このアップグレードでトラブルが発生しても仕事には影響がありません。

そんなわけで、かなり気楽に進めています(^^;

windows 10

ファイルのダウンロードが完了し、いよいよアップグレードを開始します。

ここまで、ウチの環境では約30分でした。

windows 10

「今すぐアップグレードを開始」ボタンを押すことで、実際にOSのアップグレードが開始されます。これまでの環境は保存されるので、一応アップグレード後も元の状態に戻すことはできるようです。

windows 10

さらに1時間以上かかって、すべての作業が完了。無事に「Windows 10」にログインできるようになりました。

もちろん、自分が作ったファイルは全て残っていますし、デスクトップのアイコンの位置まで再現されていました。また、いくつかのアプリを起動してみましたが、特に問題なく動作しているようです。

仕事で使っている大事なパソコンについては、色々な対応状況等を調べた方が良いと思いますが、そうでなければ、気軽にアップグレードしても大きな問題はないように思います。

まぁ、これまでのOSに特に不満はなかったので、わざわざ環境を変えるような事はしたくないというのが本音ですけどね。

ただ、OSのサポート期間も延長されますし、いずれ有料の製品版を購入して「Windows 10」にアップグレードするくらいなら、今のうちに無償で入手すべきだと思います。
(でも、あくまで自己責任ということで、お願いします(^^;)

商品紹介

Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)
マイクロソフト (2015-09-04)
売り上げランキング: 28

Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版) [オンラインコード]
マイクロソフト (2015-09-04)
売り上げランキング: 73