膝の悪い初心者ランナーのシューズ選び!「On Cloudsurfer」を試してみました♪

On Cloudsurfer

先日も書いたように、トライアスロンに挑戦してみたいと考えてまして、まずは少しずつですが、ウォーキングとスロージョグをはじめています。

ただ、もともと膝が悪いこともあって、超スローペースのジョギングでも、かなり膝が痛くなります。

そんな話をしていると、トライアスリートのお友達が「オンのシューズがあるから、一度試してみる?」と言って、「On Cloudsurfer」というシューズを貸してくれました。

この時まで、私は「オン」というシューズメーカーを知らなかったんですが、有名な元プロトライアスリートが創業したスイスのメーカーで、「シューズ界のアップル」「シューズ界のダイソン」とも評されているそうです。興味津々。

On Cloudsurfer

ソールがとても特徴的な形状で、着地の衝撃を上手く吸収してくれそうです。

ソールのラバー製パーツ “Cloud (クラウド)” が、着地時に脚に加わる垂直方向と水平方向の衝撃を吸収し、ソフトなランディングを実現します。

ソールのクラウドが地面からの衝撃を十分吸収した後は、つぶれたクラウドがソリッドなソールに変化し、自然でパワフルな蹴り出しをサポートします。

ソールのクラウドは、あなたの脚の全ての動きに反応する、小さなスタビリティボールのようにも働きます。クラウドは、あなたの姿勢を制御する筋肉を目覚めさせ、足運びを安定させてくれます。自分の身体を思うようにコントロールできるのです。

実際に、何度か履いてみたんですが、確かにクッション性が高いことは実感できます。ただ、ジョギングを続けていると足首に痛みがでてしまいました。
(今回借りてきたシューズは、サイズが少し大きいので、自分にピッタリのサイズを履けば問題ないのかもしれません。)

あと、不安に感じているのは、これからランニングをはじめようとしている初心者がこの手のシューズで練習を続けると、他のシューズが履けなくなるんじゃないかという点です。

はじめは初心者らしく、もっと標準的なシューズを使って、地道に基礎を身につけた方が良いような気もします。

う〜ん、悩むなぁ。。。(^^;

とりあえず、近いうちに一度スポーツ店に行って、色んなシューズを履き比べてみようかと思います♪

オンのシューズは色んな種類があります