目指せフルマラソン完走!姫路城マラソンに向けて「ASICS LYTERACER TS 6-wide」購入♪

ASICS LYTERACER TS 6-wide

以前購入して愛用してきたランニングシューズ(ASICS LYTERACER TS 5-wide)の走行距離が1,000kmを超えようとしているので、新しいシューズを購入してみました。

人生初のフルマラソン挑戦となる「世界遺産姫路城マラソン2018」が2週間後に迫っていることもあって、ちょうど良いタイミングかなと思いまして。

ASICS LYTERACER TS 6-wide

今回選んだのは、現在使っている「LYTERACER TS」の後継モデル(現行モデル)である「ASICS LYTERACER TS 6-wide」です。

このライトレーサーTSは『部活シューズ』と呼ばれているモデルらしいのですが、私くらいの走力レベルのランナーにはちょうど良い(もったいないくらい?)と思います。

ASICS LYTERACER TS 6-wide

ちなみに、写真の左側がこれまで愛用していた「LYTERACER TS 5-wide」で、写真の右側が今回購入した「LYTERACER TS 6-wide」です。

同じモデルとはいえ、細かい部分をみると少し構造が違っているようですね。

ASICS LYTERACER TS 6-wide

ソール(↑)に関しては、色が変わっただけで、形状は全く同じように見えます。

もちろん左側は1,000km走った分だけすり減ってますが、それでもまだまだ使えそうな感じです。さすがは、安い・軽い・丈夫が特徴と言われてる『部活シューズ』ですね。

ASICS LYTERACER TS 6-wide

全体的な色味としては、「TS 5」が深い赤と黒をベースに金色がアクセントになってましたが、「TS 6」は朱色っぽいベース色にアクセントとして蛍光イエローが使われています。

私の個人的な感覚としては「TS 5」の方が好みだったんですが、まぁ、仕方ないですよね。

早速履いて少しだけ走ってみたんですが、履き心地などは前モデルとほとんど変わらない印象です。ただ、サイズが少し小さかったかも知れません。

Amazonのレビューによると、「TS 6」はサイズが小さめなので少し大きめを選んだ方が良いという意見があったんですが、「TS 5」と同じサイズで大丈夫だったというコメントもあり、悩んだ結果、とりあえず私は同じサイズを注文しました。

実際に走ってみて足が痛いとかいうことはないんですが、つま先が常に当たってるような感覚があります。この先、もし気になるようであれば、少し大きめのサイズを買い直すかも知れません。(試着せずにネット通販で買うから、こういう事になるんですよね(^^;)

というわけで、新たに購入したランニングシューズ「ASICS LYTERACER TS 6-wide」の紹介と、旧モデルとの簡単な比較でした。

追記:

その後、やはりサイズが気になったので、少し大きめ(同じモデル)を買い直しました。一度気になるとやっぱり気持ち悪くてダメですね(^^;

商品紹介