GPSサイクルコンピューター「GARMIN Edge 500」スピード・ケイデンスセンサーの電池交換

ガーミンセンサー

私は以前から、ガーミンのGPSサイクルコンピューター「GARMIN Edge500」を愛用してるんですが、先日のポタリングの際に、スピードとケイデンスが表示されないことに気付きました。

他の項目は正常だったので、間違いなくスピード・ケイデンスセンサーの電池切れですね。

その日は「Edge 500」での計測は諦めて、腕に着けていた「GARMIN ForeAthlete 235J」でログを取りました。

ガーミンセンサー

そんなわけで、後日センサーの電池を交換しました。

センサーの電池カバーは、工具不要で小銭で回せば外せるようになっています。出先で急に電池が切れても交換できるので、これは良いですね。

電池はコイン型の「CR-2032」というタイプで、コンビニ等でも手に入る一般的な電池です。

CR-2032

新しい電池を買いに行こうと思いながら、念のため自転車パーツ等をストックしているところを見ると、(↑)いつどこで買ったのか分からない「CR-2032」がたくさん出てきました。

やっぱり、とりあえず何でも買っておくモノですね(^^;

早速電池を入れ替えると、問題なくスピードもケイデンスも計測されるようになりました。これで一安心!

というわけで、GPSサイクルコンピューター「GARMIN Edge 500」のスピード・ケイデンスセンサーの電池交換でした。

コイン型リチウム電池「CR-2032」の購入はこちら

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P
パナソニック (2002-04-01)
売り上げランキング: 307