楽しいDIY!木の端材と端切れ革で革砥を作りました♪

刃物の研磨や仕上げに使う「革砥(かわと)」というモノがあるのですが、簡単に自作できるということで挑戦してみました。

既製品の「革砥」もたくさん売ってますが、もし余ってる材料があれば、それを活用することでとても安くできます。

自作革砥

そんなわけで、木工DIYで余った木の端材と、レザークラフトで余った端切れ革を用意しました。

形はなんでも良いのですが、私は30mm×40mmの端材を使うことにします。適当な長さに切ってから、手に馴染むようにサンドペーパーで全面を磨きました。

自作革砥

次に、木に貼るサイズに革を裁断し、床面が表側になるようにボンドで接着します。

自作革砥

(↑)当て木と一緒にクランプで挟むことで、しっかり接着されます。

自作革砥

木と革がくっついたら、あとは研磨剤を塗り込んでいくだけです。

自作革砥

私は(↑)三共コーポレーションの「青棒 KN-1」を使用しましたが、他のモノでも良いと思います。

自作革砥

途中、ミシンオイルで馴染ませながら、研磨剤を何度も塗り込んでいけば完成です。

自作革砥

ハンドル部分を加工して持ちやすくしたり、木を着色してカッコ良くしたりもできますし、両面に革を貼って、番手の違う研磨剤を塗り込んでおくこともできます。

とても簡単にできますし、既製品を買うより安くて愛着も沸くので、「革砥の自作」オススメです!

商品紹介

created by Rinker
三共コーポレーション
¥982 (2024/05/24 06:57:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AZ(エーゼット)
¥1,004 (2024/05/24 06:57:54時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする