EOS Webcam Utilityが進化してAppleシリコンやOS12にも対応してた!

最近はオンラインで仕事の打ち合わせを行う機会が多いんですが、私は「Canon EOS RP」というミラーレス一眼をWebカメラとして使っています。

ミラーレス一眼(Canon EOS RP)をオンライン会議用のWebカメラとして使うことにしました

EOSシリーズの一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラをWebカメラとして使用するためには、メーカーが公開している「EOS Webcam Utility」というソフトウェアを利用します。

zoom & EOS Webcam Utility

もちろん私もこのソフトウェアを使っているんですが、以前は「macOS 12(Monterey)」や「Appleシリコンプロセッサー」に対応していなかったので、「Zoom(ズーム)」や「Microsoft Teams」だけはサブマシン(少し古いiMac)で動かしていました。

ただ、先日久しぶりに確認してみると、ついに私のメインマシン環境(macOS 12 & Apple M1 Max)でも「EOS Webcam Utility」が使えるようになってました。(いつから使えてたんだろう?(^^;)

これで、今後はメインマシンでビデオ会議に参加できるようになるので、少し快適になると思います。

というわけで、最新の「EOS Webcam Utility」は「macOS 12」や「Appleシリコンプロセッサー」でも使えますよという報告でした。

商品紹介

created by Rinker
キヤノン
¥127,800 (2022/12/03 06:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする