15インチMBPが最有力?続・仕事用メインマシンの買い換えを検討中!

Mac

少し前に、仕事用メインマシンの買い換えを検討しているということを書きましたが、現在も検討を続けています。

以前は「13インチMBP」か「27インチiMac」を検討していたのですが、最近は「15インチMBP」が最有力になっています。

そして、前回の記事でも書きましたが、MBP(MacBook Pro)を購入する場合は、13インチにしても15インチにしても、現在もAppleストアで販売中の旧モデルにするつもりです。

新型に搭載されている「Touch Bar」は不要(というより、むしろ邪魔)ですし、各種ポート類が撤廃されたことを考えても、旧型の方が「仕事道具」に適していると考えるからです。

MBPよりも性能面で優れているという理由でiMacも検討していたんですが、15インチのMBPを選択すれば、13インチよりはスペックが上がるので、これから数年は使うとしても十分戦力になるのではないかと思います。

ちなみに、15インチMBP(旧型)を最高スペックにカスタマイズすると、「2.8GHzクアッドコアIntel Core i7」「16GB メモリ」「1TB SSD」で、税込311,904円になります。

13インチMBPを最高スペックにカスタマイズした場合と比較すると、CPUが「3.1GHzデュアルコアIntel Core i7」から「2.8GHzクアッドコアIntel Core i7」、画面解像度が「2,560×1,600」から「2,880×1,800」になり、値段は32,400円アップになります。

本体が大きく(重く)なる点だけが心配なんですが、それほど頻繁に持ち歩くこともないので、おそらく問題ないと思います。サブマシンのMBA(MacBook Air)もありますし。

というわけで、今のところ15インチMBP(旧型)が最有力なんですが、もう少し悩んでみようと思います。。。(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする