これぞ運命の出会い!?一目惚れで即決注文した「FIAT Panda 4×4」が納車されました♪

FIAT Panda 4x4

少し前に『FIATディーラーで「Panda 4×4」を見てきた』と書いたんですが、あの後すぐに契約をしてまして、本日無事に納車されました!

具体的には、11/14に限定車の「Panda 4×4」という四駆モデルが発売されることを初めて知り、11/18の発売日当日にディーラーに見に行き、11/21には契約をしたので、かなりのスピード購入です。完全に一目惚れですね(^^;

MINIを購入したときは、オーダー後に生産したクルマを日本に輸送してから納車という流れで、契約から5ヶ月くらい待ったんですが、今回の「Panda 4×4」は、ボディ色や内装等も選べない限定車ということで、スグに納車されました。

正直言って衝動買いに近い感じですが、このパンダを見た瞬間に「ピンと来た」ので、きっと正解なんだと思います。これまでも、この感触があったときの選択はすべて間違ってなかったですし!(マイホームとか、結婚相手とか♪(^^;)

FIAT Panda 4x4

まぁ、以前も少し書きましたが、ソロキャンプへの興味と共に4WDが欲しいと思ってジムニーを探していたところに、たまたまジムニー以上の魅力を持ったコンパクトな四駆が見つかったという感じなんですよね。

やっぱり、運命の出会いですね♪(^^;

FIAT Panda 4x4

それでは、私の新しい相棒である「Panda 4×4」を少し紹介しましょう。

通常のパンダに比べると車高が高くなっていて、ワイルドな雰囲気を醸し出しています。

FIAT Panda 4x4

でも、後ろからみると、パンダ特有の可愛らしさもちゃんと残ってます。この辺りの、格好良さと可愛さのバランスが絶妙ですね。

限定車専用色の「タスカングリーン」も、深みのある良い色だと思います。(今回の「4×4」は、この色のみの販売です。)

FIAT Panda 4x4

屋根(↑)にはオプションの「ベースキャリア」も付けてみました。Pandaロゴが描かれてますが、実際はTHULE製だそうです。

このパンダは趣味用のクルマとしても活用する予定なので、今後このベースに「ルーフキャリア」や「サイクルキャリア」等を付けようと思っています。

FIAT Panda 4x4

ボディ両サイドには、四駆モデルの証である「4×4」のロゴが刻まれています。

FIAT Panda 4x4

ホイールも4×4専用の15インチアロイホイールで、コンチネンタルのタイヤ(175/65R15)を履いてました。

FIAT Panda 4x4

こちら(↑)はオプションの「パンダバッチ」、両サイドに貼られていますが、もちろん完全に見た目の為だけのパーツです(^^;

FIAT Panda 4x4

ラゲッジスペースは意外に広くて、MINIよりはかなり快適そうです。

リヤシートを倒せばさらに広くなるので、ロードバイクも余裕で車内に積めるハズです。(まだ試してないので、近いうちにやってみます。)

FIAT Panda 4x4

ラゲッジの床下には、さらに小物用のスペースが用意されています。(このボックス自体を取り外して、さらにラゲッジを拡げることもできます。)

FIAT Panda 4x4

ボンネットを開けると(↑)こんな感じ。すごくコンパクトですね。

中央に見えるのが、フィアットご自慢(?)の「Twin Air エンジン」です。
直列2気筒のインタークーラー付ターボで、875ccという排気量ながら、かなり評判の良いエンジンらしいです。

納車されてから初めて実際のエンジン音を聞いたんですが、さすが2気筒という感じの音がしますね(^^;

今日は少し走っただけですが、これまで乗っていたMINIの約半分の排気量とは思えないくらいに、パワフルに小気味よく走ってくれました。

まぁ、スピードを出すようなクルマではないので、875ccで十分なのかも知れないですね。おかげで、税金も安いですし。さらに、燃費も良いそうなので楽しみです。

FIAT Panda 4x4

パンダのデザインは「スクワークル」と呼ばれる、角の丸っこい四角形がベースになっています。

オーディオやエアコンの操作系周りはもちろん、シフトノブまでスクワークルです。

ちなみに、4×4にはAT車の設定はなく「6MT」のみになります。(MINIも6MTだったんですが、バックギヤのポジションが変わったので、しばらくは戸惑いそうです。)

FIAT Panda 4x4

ハンドルやメーター周りもすべてスクワークル。ハンドルの質感はなかなか良いです。

FIAT Panda 4x4

ドアハンドルやスピーカーもスクワークル。さすがはイタリア車、デザインに関しては本当に徹底してますね。

FIAT Panda 4x4

ちなみに、(↑)内装の樹脂部分をよく見ると、どこも小さな「PANDA」で埋められてます。

で、このパンダ・・・エアコンがアナログだったり、ドアミラーの格納が手動だったり、エンジンの始動にはキーを刺して回す必要があったりと、どこもレトロ感が満載なんですが、そんなことで驚いてもらっては困ります。

次の写真をご覧ください!

FIAT Panda 4x4

(↑)これ、昭和生まれの私には懐かしいんですが、平成生まれの皆さんは知らないんじゃないでしょうかね?(^^;

このハンドルをクルクル回すことで、窓が開いたり閉まったりするんですよ!

いやあ、レトロですねぇ♪(念のために再度書いておきますが、私、発売されたばかりの特別仕様車を新車で購入したんですよ?笑)

ウチの子ども達も、もちろん初めて見るクルクルハンドルが珍しいようで、楽しそうに何度も回してました(^^;

(このクルクルハンドルは後部座席のみで、前はパワーウィンドウです。)

FIAT Panda 4x4

ボディサイズの割に後席も意外と広くて、これなら家族4人で出かけることもできると思います。(MINIに4人で乗ると、かなり狭くて大変だったので(^^;)

せっかくの4WDですし、このクルマで今シーズンはスキー場にも行こうと思っています♪

FIAT Panda 4x4

そして、純正オーディオがCDのみなので、オプションの「マルチメディアアダプター」を付けておきました。これで、iPodをUSB接続したり、AUX入力を使う事ができます。

またETCも付けたので、こちらも同じくグローブボックス内に設置されています。

あとは、カーナビをどうするかなんですよね。

ディーラーオプションを頼んでも「ゴリラ CN-G510D」が付いてくるだけなので、それなら自分で買えばイイかと思って、とりあえず注文しませんでした。

(ディーラーに頼むと、専用のステーを使って取り付けるので、ダッシュボードに吸盤を付けたりせずにスマートに収まるらしいんですが、Amazon価格の4倍くらいかかります。)

最近ではスマホのナビも十分な性能なので、わざわざ安物のPNDを付けなくても良いかという気もしますし・・・もう少し考えたいと思います。

FIAT Panda 4x4

というわけで、私の新しい相棒「FIAT Panda 4×4」が納車されたという報告でした♪

オッサンになっても、やっぱり新しいクルマを買うとワクワクしますね(^^;

MINIはちょうど10年乗ったので、このパンダとも長い付き合いになれば良いなぁと思います!

追伸

これまで乗っていたMINIは、近所の友人が下取り査定額と同額で買い取ってくれたので、しばらくはいつでも会える状態です(^^;

公式のプロモーション動画

※日本発売モデルとは少し仕様が違うようです。

ディーラーオプションのPND