楽しいDIY!もっと焚火を愉しむために「ファイヤーブラスター」を作りました♪

焚火

以前から、焚火や炭熾しの時に使うための「ファイヤーブラスター(火吹き棒)」が欲しいと思ってたんですが、わざわざ高いお金を出して買わなくても自分で作れそう!と思ったので、近所のホームセンターに行ってきました。

ファイヤーブラスターDIY

何か作りたいモノがあって、ホームセンターをウロウロしながら「どうやって作ろう?」「使えそうなモノはないか?」と悩むのって、本当に楽しい時間ですよね♪

そんなわけで、(↑)今回購入してきたのは、ステンレスのパイプ(13φ×910mm)と、木管(外径24φ×内径13φ×200mm)2つと、フランジナット(M6×13mm)です。

ファイヤーブラスターDIY

2つの木管は、吹き口と中間の持ち手部分になるんですが、持ち手の方は少し短い方が見た目が良いだろうと思って、少しだけカットしました。カットしたのは約75mmです。

ファイヤーブラスターDIY

こうして、200mmと125mmの木管を用意しました。(見た目を気にしなければ、カットせずに200mmのまま使っても全く問題ありません。)

ファイヤーブラスターDIY

続いてサンディング。数段階の粗さの紙やすりを用いて、角の部分を丸くすると同時に木管の全体を滑らかに仕上げます。

ファイヤーブラスターDIY

スベスベつるつる(↑)になりました。

ファイヤーブラスターDIY

さぁ、それでは、ステンレスパイプに木管を通していきましょう。

ただ、サイズがピッタリでキチキチなので、かなり力を加えないと通っていきません。

そこで、以前に立水栓を作った時に余ってた水道管(PVCパイプ)を間にかませて、ゴムハンマーで叩き込みました。

ファイヤーブラスターDIY

こんな感じ(↑)で、無事に2本の木管が固定できました。

パイプを通しただけで十分にキツく固定されたんですが、念のためボンドも併用して接着しました。これで完璧!

ファイヤーブラスターDIY

そして最後に、先端にフランジナットを付けました。

なくても良いとは思いますが、空気の放出口を狭くできるのと、見た目も引き締まるので、やっぱり付けて良かったと思います。

ファイヤーブラスターDIY

というわけで、とても簡単にオリジナルのファイヤーブラスターを作ることができました!

市販品を購入すると長さ800mmのモノが五千円以上しますが、今回は長さ約950mmのモノを千円以下の材料で作ることができました。
(長い方がローチェアにゆったり座りながら焚火の世話ができるので嬉しいです♪)

今後は、革紐やパラコードで装飾したり、木部分を胡桃油でコーティングしたりと、さらに色々なカスタマイズを楽しみたいとも思っています。

本当に簡単に作ることができますので、興味を持たれた方は是非お試しください♪

参考動画

商品紹介

ファイヤーサイド ロングタイプ ファイヤーブラスター80 FB2
ファイヤーサイド
売り上げランキング: 82,064