楽しいレザークラフト!カセットガスボンベ(CB缶)の革カバーを作りました♪

以前から欲しいと思っていた、カセットガスボンベ(CB缶)の革カバーを作りました。

シングルバーナーを使う際など、ガス缶が剥き出し状態なので、(主に見た目の観点から)カバーを着けた方が良いなぁと思いまして。

同じようにOD缶の革カバーも作ろうと思ってたんですが、OD缶自体はデザインもカッコイイものが多いので、わざわざカバーを作らなくても良いかと考え直しました。
(最近は、OD缶用のバーナーを使う機会もほとんどないですし(^^;)

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

そんなわけで、とりあえずはCB缶用のみを作ろうと思います。

もちろん今回も自作の型紙を使うんですが、CB缶の周りのサイズを測って長方形にするだけなので簡単です。

ただ、使用する革の厚みによっては、少し余裕を持ったサイズにしないと足りなくなると思います。(私も一度目はサイズが合わなくて、やり直しました(^^;)

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

大まかにカットしたら(↑)床面を整えて、あらためて型紙通りのサイズに裁断します。

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

次に、型紙とピッタリ合わせて(↑)縫い穴をあける位置に印をつけていきます。

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

印の通りに穴をあけたら、あとは縫うだけ!(↑)長辺は飾り用の平縫いです。

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

(↑)短辺はクロスステッチで繋ぎ合わせていきます。

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

最後まで縫えば(↑)完成です♪

とても簡単にできるので、レザークラフトの練習にも最適ですね。

カセットガスボンベ(CB缶)革カバー

というわけで、カセットガスボンベ(CB缶)用カバーの制作過程の紹介でした。

本当に簡単なので、興味のある方は、是非挑戦してみてください!

関連商品

created by Rinker
ニチネン(Nitinen)
¥6,980 (2024/05/24 05:48:34時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする